「アフェリートだったけ?アフィリリエイトだっけ?」

白崎は、はじめ「アフィリエイト」という単語がうまく言えませんでしたw

 

言いにくくないですか?「アフィリエイト」って言うの。微妙に長いし。

だから、「アフィ」と言ったり、「アフィリ」と言ったり短く表現することがおおいです。

 

そんな「アフィリエイト」ですが、よく耳にするけど、はじめて聞く言葉なのでどんなことをするのか?なにをするのか?気になりますよね。

 

なので、そもそも「アフィリエイト」とは何なのか?まずは定義から説明します。

 

「アフィリエイト」とは・・・

インターネットを利用したビジネスの一つで、 ショップや企業が取り扱っている商品やサービスなどを紹介していくビジネスのこと。

 

アフィリエイトの定義だけでは、なんとなくしか分かりませんよね?

 

そこで、あなたがイメージしやすいように、「アフィリエイト」を物語風に説明してみますね。

 

ある漬物を作っている会社が、漬物以外の業種に進出しようとして「折り畳みができる電動自転車」を開発しました。

その自転車はワンタッチで折り畳みができてコンパクトに収納が可能。バッテリー内臓のためペダル操作も軽快。

しかもバッテリーがあるのに重量が軽いため女の人でも子供でも取り回しがラクラク。

 

そんな商品を開発しました。定価は80,000円です。

 

でも、その会社は元々漬物屋なのでこの自転車を販売する販売ルートがありません。

そして、この自転車がどれくらいの台数売れるのかも分からないのです。

 

でも商品自体には絶対の自信があります。

世間に知らせることができれば売れることは確実です。しかし、通常のテレビ・ラジオのCMや雑誌などに載せて宣伝するほどの資金力もありません。

 

そこで、この会社はインターネットを使って販売しようと思いました。

販売ページも出来上がりましたが、どうやって宣伝しようか?と悩んでいます。

 

・・・・・

 

あるサラリーマンが電車通勤して会社に通ってました。駅までは車で行って近くの月ぎめ駐車場に停めて通勤していました。

 

しかし、4月から子供が私立の大学に進学したため仕送りや学費などの支払がかなり家計を圧迫することになります。

極力支出をおさえたいと思い、1か月15,000円の駐車場代とガソリン代3,000円がかかる車で駅に行くのを止めて、自転車で行くことに決めました。

 

駐輪場は無料なのが理由です。

ただ、駅までの道のりは坂道が多いので、できれば普通の自転車でなく電動式の自転車があればいいなぁと思っていました。

 

さらに、駅から会社までは片道20分かけて徒歩で通っていました。

どうせ、買うなら折り畳みの自転車であればなおベストだと。

 

折り畳みなら毎日電車にのせられます。 駅から会社に向かうのを自転車で通えれれば、時間の短縮になるので折り畳み式の自転車で電動式がほしいなぁと思っていました。

できれば軽くてコンパクトに折りたためるのらもっとイイ。

 

だから値段は多少高くても毎日使うものなら払ってもいいかなと考えていました。

そんなわがままな電動自転車、どこかにないかなぁと思っています。

 

・・・・・

 

そして、漬物会社はあるサイトを見つけます。

そこは商品を登録すれば、インターネットで宣伝してくれるサイトです。

 

そのサイトの宣伝方法は「アフィリエイト方式」を採用しています。

 

そのサイトが登録した商品の宣伝をして、商品が1個売れれば、その1個当たりの紹介料を会社がそのサイトに支払う仕組みです。

但し、そのサイトは自分では宣伝はしません。宣伝はアフィリエイターと呼ばれる人にまかせます。そのサイトはアフィリエイターの告知のみ。

 

「こういう商品を宣伝してくれませんか?1個売れればこれだけの紹介料を払います」と。

 

それを見たアフィリエイターが自分のサイトでその商品をインターネットで宣伝するのです。

そのサイトは、アフィリエイターと呼ばれるインターネットで宣伝してくれる人達を多数抱えています。

 

漬物会社としては、インターネットで商品を売るノウハウはありません。

かと言って普通の媒体で莫大な広告料を支払う余裕もありません。また、電動自転車の販売ルートもありません。

 

漬物会社にとって、「アフィリエイト方式」はコストに見合うだけの効果があるのか?

 

この折り畳み式の電動自転車の1台あたりのコストは、

 

価格は、1台80,000円。

材料費・経費などの製造原価は50,000円。

 

80,000円-50,000円 = 30,000円

30,000円が本来の利益となります。

 

そのうち、10,000円を紹介料で支払います。

残りの20,000円がその会社の利益となります。

 

30,000円と20,000円、差額の10,000円を会社としては
持ち出しになってしまいます。

 

しかし、普通の媒体で莫大な広告料も支払う余裕もない資金力のない会社にとって1台売れたらその分だけ紹介料を支払う方法は非常にメリットがあります。

 

なぜなら、台数に応じて広告宣伝費をかければいいからです。

台数がいくつ売れるか未知数の商品だけに無駄な出費を抑えることができます。

 

また、電動自転車の販売ルート持っていない会社がインターネットでアフィリエイターを介して販売ルートができるのは非常にありがたい事です。

 

なぜなら、集客の入り口がインターネットにたくさんできるからです。

 

インターネットで商品を売るノウハウをもっていない漬物会社としては、10,000円払うだけのメリットが十分あるわけです。

なので、漬物会社はそのサイトに告知を出します。

 

「1台80,000円の電動自転車をアフィリエイトしてください。」

「売れたら1台10,000円の紹介料を支払います。」 と。

 

そして、そのサイトの告知を見た、あるアフィリエイターが自分のブログでこの折り畳み式の電動自転車を紹介することを決めます。

 

アフィリエイターにとってみれば、1台売れれば10,000円の報酬は魅力的です。

商品自体も非常に良いもので、漬物屋がつくった折り畳み電動自転車という意外性がインパクトがあり記事にしやすいと感じていました。

そして、売れる記事を書いてサイトにアップします。

 

そして、その記事を自転車通勤をしようと思っていたサラリーマンの目にとまります。

サラリーマンは価格が80,000円しますが、自分がほしかった希望の自転車に出会えたわけです。 なので、サラリーマンは購入を決めます。

 

どうでしょう?いい話ですよねw

 

だって、

 

自転車を販売している会社も自転車が売れて「満足」

アフィリエイターも10,000円稼げて「満足」

欲しかった希望の自転車を買えたサラリーマンも「満足」

 

みんな「満足」なんです。

 

そんな「いい話」の一翼を担っているのがアフィリエイターと言われる存在です。

 

では、そんなアフィリエイターになるにはどうするか?

  • 資格や学歴関係ありません。
  • サラリーマンや主婦でも副業で始められます。
  • 開業資金もほとんどかかりません。

 

ノーリスク、ほぼタダで活動できる仕事です。

 

しかも、やることは、商品を紹介するだけ。

 

そして、商品を買った人にも商品を販売する人にも「満足」を与える事ができる。

まさに夢のような職業ですw

 

どう、アフィリエイトであなたの人生が180度変わる可能性があるかもよ・・・