苦しい・・・

 

人は、色々な出来事に翻弄されながら毎日を生きていいる。

 

解決しなければいけない「ツライ現状」から目を背け、 楽な方、楽な方に自分をいざなう。

 

気を紛らすために・・・

 

本当は分かっている。

 

今のツライ現状から抜け出さないといけない。

 

今の自分を変えたい。

 

今の現状をなんとかしたい。

 

・・・ しかし、あなたの認識している「日常」に引き戻されるのである。

 

朝起きて目が覚めると普段の「日常」が始まる。

 

いつもの朝・・・

 

今までは、なんの疑問も抱かずに日々生活を送っていた。

 

しかし、ある時、自分の人生を左右する「成功した未来」を知ってしまった。

 

成功するための道筋も・・・

 

どうやって、成功していけばいいのか?

 

どうやって、作業をこなしていけばいいのか?

 

どうやって、人を動かせばいいのか?

 

自分が成功する。

 

今まで毎日、毎日、思い悩み、挫折し、ため息をつく連続。

 

負け組のループの中でもがきまくる日々。

 

そんな「日常」の生活から「さよなら」できる。

 

負け組のループから外れる「方法」を知ってしまった。

 

その「方法」を実践し行動に移せば、必ず成功できる。

 

勝ち組のループに入れる。

 

自分の人生を一変する世界。

 

今まで「当たり前」と感じていた世界からの脱却。

 

自分が思い描いていた夢の様な世界。

 

しかし、負け組の世界は元の世界に戻そうとする。

 

この世界の方が楽しい日々が送れる。

 

何も苦しくて面倒くさい事しなくても、いつも通りの生活を送っていれば失敗しない。

 

レールから外れなければ大きく破たんの無い生活を送れる。

 

アマゾンや楽天で欲しいものをショッピングカートに入れて、どれを買おうかと悩みながら購入する楽しみ。

 

Huluでお気に入りの海外ドラマをお菓子を頬張りながら夢中になって観まくる醍醐味。

 

自分好み女の子をどうやったら口説けるか?をいつも頭の中で考え、諸葛孔明きどりに戦略を立てる魅惑の時間。

 

「快楽」を追い求めていれば、今の苦しみを忘れさせてくれる。

 

オートパイロット状態のリアルな日常。

 

今の世界にあなたの「自由」は無い。

 

まるで誰かにあなたの行動を制御されているかのように・・・

 

目覚まし時計のアラームの「せかす音」にげんなりしながら朝目覚め、一日が始まる。

 

また、「今日」が始まる。

 

いつもの何気ない日常。

 

駅のホームで同じ電車に乗る名もなき同じ顔触れの人々に揉まれながら、いつもの電車を待つ。

 

駅のホームの待ち時間で、だんだんと暑くなってきた。寒くなってきた。と肌で季節を感じながら。

 

もう、今年も半年過ぎた。今年もあとわずかで終わりかぁと思いながら・・・

 

時が経つのは早い。

 

1年、1年と時間を積み重ねて行けば行くほど「時」の進むスピードは加速していく。

 

子供の頃、過ごした夏休みの1か月間の長かった事。

 

今日は何をしようか?どんな事して遊ぼうか?

 

ジリジリと外の気温が上がり、太陽の光が増していく。

 

夢中で遊ぶ。ドンドン遊ぶ。遊んでも遊んでも終わらない「一日」。

 

しかし、年齢を重ねれば重ねるほど、「一日」はすぐに終わる。

 

なんの変化もなく。

 

気づけば夜。一日の終わり。

 

今日も終わりかぁ。

 

そう思いながら仕事を終え、電車に揺られて家路を目指す。

 

そして、けたたましく鳴る目覚まし時計のアラームで起こされ次の日の朝を迎える。

 

何も変わらない普段の日常。

 

毎日、毎日、同じ事の繰り返し・・・

 

そして1年が過ぎる。

 

なんの成長もなく・・・

 

このまま、自分の人生は終わるのか?

 

なにか偉大な事を成し遂げたワケでも人のためになるワケでもない。 ましてや、歴史に名を遺す偉人になるなんて夢にも思わない。

 

在野の名もなき人々の1人で終わる平々凡々な人生。

 

誰も気に留めることもない味気ない人生。

 

しかし、そんな名もなき自分でも「成功」すれば「人生」は変わるのではないか?

 

自分の人生のレールを切り替えて行先を変える「方法」。

 

何も変わらないつまらない日々。

 

現状を変えられないもどかしさ。

 

このままではダメになると頭の中でもう一人の自分が囁く。

 

このままでいいのか?

 

もっと突き抜けることができるのでは??

 

今の自分のレベルをもっと高みに上げていくには???

 

その疑問を解決できる「方法」。

 

それを見つけてしまった。

 

そう、見つけてしまったのだ。

 

自分の人生を変える「方法」を・・・

 

あとは、「やるだけ」だ。

 

既存の「壁」を乗り越える。

 

普段の生活を送っていれば気づく事のない「壁」。

 

この世界が全てだと信じていた。

 

だから、毎日変化のない一日を送っていた。

 

それでも幸せだと感じていた。

 

「快楽」で誤魔化しながら・・・

 

この世界に終わりはないと。

 

この世界に境界線はないと。

 

自分の「立ち位置」は何も変化もないし、人が羨む才能もセンスもない。

 

このままの「立ち位置」で自分の人生が終わりを迎えると考えていた。

 

なにも面白味もない人生を・・・ 慣れ親しんだ「日常」。

 

それが全て。

 

時間の川の流れに乗って時を刻み人生を終わらせる。

 

永遠に流れる時間の川。

 

それがどこまでも続く。

 

そう信じていた。

 

変えることなど出来ない。

 

それが、「運命」なのだと。

 

しかし、「世界」は1つではない事を知ってしまった。

 

「世界」1つではない。

 

まだ、未知の「世界」がある事に気づいてしまった。

 

だから、目の前に「壁」が現れた。

 

その「壁」の向こうには新たな「世界」がある。

 

「新たな世界」があるという「事実」に気づいてしまったのだ。

 

その「事実」を知ってから、ある事に気づく。

 

普段、何気なく送っていた日常に対して感じる「違和感」を・・・

 

何の疑問も抱かなかった日常で感じる「ズレ」。

 

「当たり前」だと思っていた。

 

これが「普通」だと感じて気にも留めなかった事。

 

普段の何気ない行動や会話の中で感じる「ズレ」。

 

周りの人とのコミュニケーションの些細な内容から感じる「違和感」。

 

あれ?何かが違う

 

・・・ 今まで、周りと同調して刻んでいたリズムの「ズレ」。

 

「前ノリ」で刻んでいたリズムが「後ノリ」のリズムに変わる。

 

傍から見ると同じリズムを刻んでいても、アフタービートを刻むリズムは何かが違う。

 

自分自身が変化している事に気づく瞬間。

 

最初は、ほんの些細な事から感じていた。

 

そして、その「ズレ」は自分の普段の日常全体を覆い尽くす。

 

この「世界」には居られないのではないかと・・・・

 

そうだ!目の前に出現した「壁」を登ろう。

 

そう決意する。

 

しかし、元の世界では、「壁」に登る事を阻止しようと「色々な事象」が起こり始める。

 

「仕事」でも、「プライベート」でも、「色々な事象」が同時多発的に起こるのだ。

 

突発的なクレームや緊急のプロジェクト。

 

経験した事の無い突然の配置換え。

 

今まで気をつかい穏便に収めていた家族の問題。

 

なんでも話す事ができた友人との喧嘩。

 

「壁」を登り、違う世界に行く事を阻むように様々な現象が湧き出てくる。

 

今の世界に居させるために・・・

 

目指す世界のレベルが高ければ高いほど、今の世界で起こる現象が、自分を悩ませ、手を煩わせる。 思いとどまらせるために。

 

「サーカスの小象」のように

 

・・・ 「サーカスの小象」という話。

 

サーカスで生まれた小象の脚には、演技が終わると必ず鎖のついた足枷をハメられる。

 

小象は、木の杭とつながっているその足枷を付けられるのを嫌がる。

 

なぜなら、自由に動けないから。

 

サーカスの小象は最初は逃げ出そうと激しくもがき暴れる。

 

しかし、地面にしっかりと打ち付けられた木の杭を引き抜く事ができない。

 

毎日、毎日、自由を求めて逃げ出そうとするが木の杭は抜けない。

 

杭を抜く事ができない現実にサーカスの小象はとうとう諦める。

 

時が過ぎ、サーカスの小象も大人の象になる。

 

体も大きくなり力も小象の時とは比べものにならないくらいに力強い。

 

しかし、大人になったサーカスの小象にハメられる足枷は小さかった時と同じ木の杭で止められている。

 

もう、サーカスの小象は、その杭を抜いて逃げ出そうとは考えない。

 

なぜなら、この木の杭は、どんなに暴れても抜けないと信じ込んでいるからだ。

 

大人になった象なら簡単に引き抜く事ができるのに・・・

 

そう、「サーカスの小象」のように諦めさせるために、今の世界に留まらせるために「色々な事象」という足枷を付けた木の杭を打ち込まれるのだ。

 

目指す世界が高ければ高いほど、様々な出来事が今の世界に留まるように噴出する。

 

他の世界に行かせないために。 「壁」を乗り越えさせないために。 思いもつかない事象にたじろぎ、諦めさせるために。

 

しかし、ここで諦めてはいけない。

 

諦めたら、また元の「日常」に戻るだけ。 元の「日常」は今までの「日常」とは違う。

 

なぜなら、気づいてしまったから・・・

 

他の世界がある事を・・・

 

そして、毎日、毎日「違和感」感じながら「日常」を送らなくてはいけないのだ。

 

地獄の苦しみ。

 

そう、元の「日常」には戻れない。

 

これから、一生、死ぬまで「違和感」と「ズレ」の挾間で生きていくことになる。

 

「壁」を眺めながら・・・

 

この時代で市井の人間が他の世界に行くには、「ネットビジネス」しかない。

 

「ネットビジネス」が無かったなら気づかなかったであろう世界。

 

・・・「今日から俺は!」というドラマが人気だ。

 

日曜の夜10時30分というゴールデンタイムでもない時間帯にも関わらず大人から子供まで楽しんで観ている。

 

私の高校生の息子も中学生の娘も興奮しながら観ている。

 

学校でも話題になっているらしい。

 

「今日から俺は!」の時代設定。

 

その時代は、自分の若かった頃の「リアル」だ。 ネットもスマホもなかった時代。

 

手に入る情報は自分の周りの事だけ。

 

入ってくる情報はテレビかラジオもしくは本ぐらい。

 

友達に会うだけでも大変だ。

 

自宅の電話で連絡するか直接友達の家までいってピンポンするかだ。

 

友達と会うだけでも手間も時間もかかる。

 

今の時代と違う。

 

しかし、そんな時代でも人々は生きてきた。

 

余分な情報が無いだけに、もっと「自由」だのかもしれない。

 

好きな女の子の家に電話するときのドキドキ感。

 

何度も受話器を上げてダイヤルに手をかけてはやっぱり今日は止めておこうと思い受話器を戻す。

 

でも、やっぱり声を聞きたい。

 

覚悟を決めて震える指でダイヤルを回し電話する。

 

受話器を耳にあてプルプル~プルプル~と鳴る呼び出し音を聞きながら、絶対出てくれよ。間違っても父親が出るなよと念じながら電話をする。

 

親が出た場合にどうやって自己紹介するかを考えたりしながら・・・

 

車を所有する事がステータスの時代。

 

好きな女の子をデートに誘いドライブする事が一大イベント。

 

大好きな女の子が助手席に座り、車内の限られた空間で二人の距離が縮まる。

 

どんな車に乗るかが自分のアイデンティティをアピールできた。

 

86?

 

シルビア?

 

セリカ?

 

プレリュード?

 

少し頑張れば、若者でも新車で運転して楽しい車が手に入った時代。

 

アフターパーツも豊富にあって自分好みの車をいじれる楽しみがあった。

 

今の時代を生きる若い人には考えられない時代。

 

そんな時代を生きてきた。

 

その時代で成功するには、時間と労力を使いお金を稼ぎ、それを元手に独立してもっと稼ぐ。

 

いかに、人を使い稼ぐか?

 

自分は経営者となり沢山の人を使って事業を展開する。

 

それが、その時代の成功者だ。

 

それが出来なければ、人に雇われるしかない。

 

人に雇われても、時代はイケイケの時代だ。

 

バブルに向かって一直線。

 

景気も右肩上がり。

 

「年功序列」という制度のもと年をとればとるほど年収もうなぎ上り。

 

サラリーマンでも「夢」があった時代。

 

一流大学を出て、一流企業に入れば一生安泰だと感じていた時代。

 

年収が上がる事が前提で住宅ローンが組めた時代。

 

郵便局の定期の金利が7%とか8%もあった時代。

 

専業主婦になっても生活することができた時代。

 

「今日から俺は!」の時代背景はそんな時代のドラマだ。

 

「自由」があった時代。

 

人が人らしく生きれた時代。

 

「夢」や「希望」に満ち溢れていた時代。

 

今の情報が溢れるほど有り余っている現代では体験することができない。

 

便利になればなるほど、人の心はすさんでいく現実を感じながら、人はこのドラマに感情移入しているのだ。

 

どこに「自分」の居場所があるか?

 

モノや情報は掃いて捨てるほどあるのに「自分」の居場所がない現実。

 

それを実感しながらも将来を諦めている自分。

 

そんな時代に今生きている。

 

そんな時代だからこそ、気づいてしまったのだ。

 

そこから脱却する方法を。

 

それが「ネットビジネス」。

 

あなたは「ネットビジネス」と聞いて、なんだ「ネットビジネス」かぁと感じているかも知れない。

 

しかし、あなたの周りに「ネットビジネス」を知っている人がどれだけいるか理解しているか?

 

全くいないのではないか?

 

それが現実なのだ。

 

あなたは、「ネットビジネス」を知っている。

 

知っているが、それをどう活用して現状を打破するかを理解していない。

 

それだけの事だ。

 

しかし、「ネットビジネス」を知っているあなたは、今の世界で生きるのが辛くないか?

 

「ネットビジネス」を知っているのに、時間と労力を使ってお金を稼がないといけない現実。

 

そこに「違和感」を感じながら生きている。

 

「ネットビジネス」で稼ぐ方法が見つかれば、きっとあなたは今の仕事を辞めるに決まっている。

 

なぜなら、「ネットビジネス」には「自由」があるからだ。

 

あなたが知っている「ネットビジネス」はモノを紹介して紹介料を貰うアフィリエイトだと考えていないか?

 

ネットで稼ぐのはアフィリエイトだけではない。

 

ネットで稼ぐ本質は、アフィリエイトではないのだ。

 

そこは、勘違いしてはいけない。

 

アフィリエイトで稼いでもイイのだが、「ネットビジネス」はそれだけではないという事を理解しないといけない。

 

そう、他にも稼ぐ方法はあるのだ。

 

しかし、アフィリエイトでも他の方法であっても、「ネットビジネス」で稼ぐには、「記事を書く」。

 

「記事」を書かなくてはいけない。

 

あなたが、稼げないのは記事を書く事を重視していないから稼げないのだ。

 

でも、記事を書いても誰も読まないし・・・

 

と、あなたは実感している。

 

あなたが読まないと感じている記事をどうやったら読んで貰えるのかを考える事が重要だ。

 

読まれる記事を考える。

 

どうやったら、読んで貰えるのか。

 

あなた自身で・・・

 

そこからが、稼ぐためのスタートである。

 

「ネットビジネス」で稼ぐには記事を書かないと始まらない。

 

これは、揺るがない「事実」なのだ。

 

ここを避けて別のノウハウに手を出しても、結局、「記事を書く」に戻ってくる。

 

私は、この事実に気づくのに10年近くかかってしまった。

 

だから、あなた自身で実感しないといけない。

 

「記事を書く」事の重要性を。

 

記事を書く事を避けていては、たとえあなたが、「ネットビジネス」を知っていても稼ぐ事はできない。

 

なぜなら、「あなたの一生」が掛かっているからだ。

 

稼げそうな目新しいノウハウで稼ぐ事もあるかもしれない。

 

しかし、それは一時的、一過性のモノだ。 一生稼ぐことはできない。

 

「ネットビジネス」で稼ぐには、一生稼がなくてはいけないという事に気づかなくてはいけない。

 

一生稼ぐ方法は、記事を書く事。

 

これだけだ。 そして、記事を書き始めると、現実の世界で色々な事が起こり始める。

 

あなたを現実の世界に留まらせようと、色々な面倒くさい出来事が起こる。

 

それは、仕事の事であったり、家庭の事だったり、人間関係だったりと記事を書く事を諦めさせる事象がどこからともなく湧いて出てくる。

 

その出来事を解決させる時間を取られてしまい、記事を書く事を忘れさせてしまうのだ。

 

そう、現実の世界に引き戻されるのである。 だから、ほとんどの人は記事を書く事を止めてしまう。

 

色々な理由をつけて、その時にもっともらしい理由づけをして。

 

その理由で納得するのは、他ならぬ「あなた」だ。 自分で都合のいい理由を考えて、あなた自身にその理由で納得させられるのである。

 

「ネットビジネス」で稼ぐには記事を書かないと始まらないと理解していても、それを継続することができないのは、他ならぬ「あなた」自身の問題であることに気づかなくてはいけない。

 

ほとんどの人が「ネットビジネス」で成功したいと考えている。

 

だから、今でもインフォトップやアドモールでは沢山のノウハウが販売されている。

 

「ネットビジネス」で稼ぐ事が出来ると気づいている人は沢山いるのだ。

 

しかし、ほとんどの人は稼ぐ事ができない。

 

それは、新しい事をしようとすると、必ず予期せぬ出来事が起こり、それに対抗できずに撤退してしまうからだ。

 

ネットビジネスで「記事を書く」ことが避けられないように、ネットビジネスで現状を変えようとすると様々な障害が生まれてくる。

 

ここで、諦めたらいつもと同じである。

 

また、負け組のループに組み込まれてしまうのだ。

 

そして、違和感を感じながら「今」を生きる。

 

そんな生活を続けていたら、間違いなくあなたはメンタルをやられる。

 

人間廃業だ。普通の生活では満足できない。

 

「禁断の実」をあなたは知ってしまったのだから。

 

あなたが、今まで「ネットビジネス」で稼げたことが「ある」のか「ない」のかは知らないが、どちらにせよ、「ネットビジネス」で稼げる事実を知ってしまったあなたは、もう元の世界で生きていく事はできないと知ることだ。

 

「ネットビジネス」を知らなければ良かったのに・・・と現実の世界と「ネットビジネス」の世界の挾間を生きる事になる。

 

もう元に戻れないならば、腹をくくるしかない。

 

どんな抵抗勢力にも負けずに「記事を書く」しかないのだ。

 

人の心を揺さぶる記事をどんな状況であっても書き続けるしかない。

 

どんな風に記事を書いたら読んで貰えるのか?

 

人の心を動かす記事を書くにはどうしたらイイのか?

 

行間や接続詞はどうやって使うのか?

 

どんな内容を書けば読んで貰えるか?

 

売りたいオーラが文章から透けて見えないか?

 

試行錯誤しながら、記事を書き続ける。

 

記事の書き方が分からなければライティングの知識を身につける。

 

常に考えて頭をフル回転させて文章をひねり出す。

 

普段の生活の中でひらめいたフレーズをスマホのメモ帳に書き残しておく。

 

書き出しが上手く書けないならソコは後にしてとにかく文章を書き始める。

 

細かい言い回しや表現を後で修正すればいいからとにかく文字数を埋めていく。

 

書くネタがないなら、本屋に行ってこの内容面白いなぁと感じた本を購入し知識をインプットする。

 

1記事1万文字を目標に記事を書く。

 

あなたが、色々考えて書いた記事。

 

あなたの書いた記事からしか、人は行動しない。

 

感情のない記事をどんなに量産したところで、人の心は動かない。

 

あなた自身で考え抜いた記事。

 

今はこの世にいない文豪たちが書き残した作品が今も名作として読み継がれているように、あなたが命を削り考えに考えた記事。

 

その記事は、その文豪たちの文章に負けていない。

 

なぜなら、その記事に書かれた文章を読んだ人の心を動かしたのだから。

 

「記事を書く」というのは、人の心を動かす記事を書くという事。

 

その記事は一生モノだ。

 

人の心を動かす記事をステップメールの記事にして流してみたらどういう反応が取れるだろうか?

 

人の心を動かす記事が書かれたブログなら読者はどういうコメントを残していくだろうか?

 

当たり障りのない、無味無臭の記事をどんなに量産しても、誰かが書いた原稿をそのままステップメールで流しても、人の心は動かない。

 

あなたに興味を抱かせる記事。 あなたの事をもっと知りたいと感じさせる記事。

 

あなたの言う事が本当だと信じる記事。

 

一生モノの記事を書く。

 

その事実にあなたは気づかないといけいない。

 

あなは、「ネットビジネス」を知っている。そして「記事を書く」ことが成功の本質だと気づいた。

 

これから、違う世界に行くために色々な出来事があなたに起こる。

 

それが、悩みの種になったりすることもあるかもしれない。

 

時には誘惑にかられて快楽に溺れてしまいそうになるかも知れない。

 

元の世界に留まらせるために、他の世界に行かせないために、木の杭で足枷を着けられそうになるかもしれない。

 

しかし、諦めてはいけない。

 

あなたは、もう元には戻れないのだから。

 

なんの疑いもなく人に雇われる人生を全うすることはできない。

 

自分の感情を押し殺し作り笑いを浮かべる生活に正直、ウンザリしている。

 

定年退職を迎え、色々あったけど楽しい会社人生だったと感じることはもう出来ないのだ。

 

なぜなら、あなたは、「ネットビジネス」を知ってしまったのだから・・・

 

今いる世界から抜け出し、記事を書く事で「壁」をよじ登り頂上に立った時、壁の上から今までいた世界を上から眺める。

 

毎日、毎日同じループの繰り返し。その世界で生きる人たちに翻弄され、その都度、心を乱され、悩み、悲しみ精神的に追い込まれていた世界。

 

自分は、なんて小さな世界で今まで生活をしていたのだろうかと実感するに違いない。